腋汗の治療について

  • 2009/05/30(土) 14:51:11

腋汗治療

腋汗の治療を考えてみると、皮膚科での処置がそのひとつとして挙げられます。
その方法とは、外用薬、内服薬、手術によるものなどがあります。外用薬とは「塩化エルミニウム」が効果的だと言われているようです。

ドラッグストアなどでも市販されているので、手に入れるのが難しいというわけではないようです。

注意したいのが、肌が敏感な方が使用するとかぶれなどが起こる恐れもあります。

次に内服薬についてですが、これは汗の分泌を増やす交感神経の働きを抑える成分を含んだ薬が挙げられます。

主なものでは抗コリン製剤などが挙げられます。排尿障害といった副作用が生じることもあります。

上記の薬で腋汗を止める効果が挙げられない場合、その人は症状がかなり重いということになりますが、そのような人は手術という選択をすることも多いようです。

手術は交感神経を遮断するというもので、汗を分泌させる働きをする交感神経を文字通り遮断してしまうことにより汗を止めることができます。

脇汗の場合は胸にある交感神経の一部を破壊することになります。

この手術をすることによって、汗を止めることができますが、代償性発汗という、副作用が起こることもあります。

医学的な治療で脇汗を止める方法は効果が望める反面、副作用などのデメリットも存在するのがやっかいですね。

自分の脇汗がどの程度のものなのか、まず医師の診察を受けて、アドバイスしてもらうことが重要になってくるでしょう。